上演記録

第1回こまち演劇祭 同盟破棄 リメイク版

作:加藤 正志

公演詳細

2013年12月20日~12月23日 たざわこ芸術村小劇場にて開催された「第1回こまち演劇祭」に、
劇団はちのすが『同盟破棄』リメイク版にて出演しました!!

 

komachiengeki1 komachiengeki2
※画像をクリックすると、拡大表示します。

日時

2013年12月22日(日)14:00~

会場

たざわこ芸術村 小劇場

チケット

全席自由
前売:一般1,000円/学生500円

当日:一般1,300円/学生800円

※プレイガイドは、下記予約センターのみとなります。

※温泉付きチケットなどの詳細は、予約センターへお問い合わせください。

プレイガイド

たざわこ芸術村  予約センター

ご予約・お問い合わせ TEL:0187-44-3939

わらび座劇場メールアドレス:gekijyo@warabi.or.jp

あらすじ

幕末と呼ばれた時代。慶応四年、戊辰戦争が始まった。錦の御旗を掲げた新政府軍に動揺した旧幕府軍は、各地で敗戦を重ね、その戦いは東北にまで及んだ。東北・北越の諸藩は新政府軍に対抗すべく、計三十一藩からなる「奥羽越列藩同盟」を結成する。

当初の同盟は、新政府と因縁のある会津・庄内藩の赦免目的だった為、久保田(秋田)藩も加盟していたが、いつの間にか新政府と戦う為の軍事同盟に変貌しており、同盟遵守か新政府へ協力するか、久保田藩内で藩論が割れていた。

思わぬ軍事同盟の誕生により膠着状態に陥った新政府側は、尊王派が根強い久保田藩内へ、直接軍を送り込もうと画策する。その動きを察知した仙台藩を中心とした同盟側は、久保田藩に同盟を遵守させる為、使節団を送り込んだ。

久保田藩内の尊王派旗頭である赤羽家の次男「総二郎」は、上層部からの密命を受けて使節団との会見に臨んだが、その場に現れた使節団の一人を見て驚愕する。そこには、四年前に許嫁である「大津 郁(ふみ)」を捨て、脱藩し、京都で新撰組に入隊したと噂のあった兄「官助」がいた…

袂を分かった兄弟が再会する時、幕末最後の襲撃事件が、この秋田の地で起きようとしていた。

キャスト

スタッフ

作/演出/音響 加藤 正志 舞台監督 伊藤 重喜
照明 高田 全/高田 郁子 音響操作 今 英一郎
SE効果/助監 大坂谷 恵 衣装 春日 恵美/加藤 母都子
舞台装置 秋山 裕介/鎌田 暁
小林 瑛喜/中川 大地
西野 達彦
舞台道具 川上 舞/三浦 亜珠海
仲村 奈津子
殺陣 徳光 慎太郎 WEB 佐賀 友哉/高橋 寛志
宣伝 加藤 順平/野中 智美