上演記録

第3回こまち演劇祭法王庁の避妊法

作:飯島 早苗+鈴木 裕美

公演詳細

たざわこ芸術村小劇場にて開催された「第3回こまち演劇祭」に、
劇団はちのすが『法王庁の避妊法』先行上演版として出演しました!!

公演チラシ

こまち演劇祭(表)

こまち演劇祭(裏)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※画像をクリックすると、拡大表示します。

日時

2015年8月9日(日)14:00~
※開場は開演の30分前です。

会場

たざわこ芸術村 小劇場

チケット

全席自由
前売:一般1,000円/学生500円

当日:一般1,300円/学生800円

※プレイガイドは、下記予約センターのみとなります。

プレイガイド

たざわこ芸術村  予約センター

ご予約・お問い合わせ TEL:0187-44-3939

わらび座劇場メールアドレス:gekijyo@warabi.or.jp

あらすじ

時は大正時代。

新潟のある病院の産婦人科医である「荻野久作」は、
「女性の排卵はいつ起こるのか」という、
当時の学界最大の謎に挑んでいた。
多忙な診察に追われながらも寝食を忘れて研究に奮闘し、
遂に前人未到の発見をする事により、世界に驚愕をもって認められる。

そして、堕胎や人工的な避妊を自然に背くものとして厳しく禁じてきた
ローマ法王庁が初めて認めた避妊法「オギノ式」が誕生する。

実際に存在した荻野医師と、彼を取り巻く人々を滑稽に、
そして、悩み、迷いながらも、懸命に生きる姿を描いた物語。

キャスト

スタッフ

演出/音響/制作 加藤 正志 舞台監督/効果音 大坂谷 恵
照明協力 高田 全/高田 郁子 音響操作 今 英一郎
助監督/装置製作 伊吹 憲薫 装置プランナー 小林 瑛喜
衣装 春日 恵美/加藤 順平 着付 香取 裕依
ヘアメイク協力 小出 富士子/上野 恵子 小道具 野中 智美
舞台転換 鎌田 暁 装置建て込み 水澤 史生(きたのかい)

協力(五十音順、敬称略)

  • 油谷これくしょん(小道具提供)
  • 伊吹 ゆみ子(衣装提供/着付指導)
  • 加藤 母都子(衣装提供/着付指導)
  • 武藤 恵子(小道具提供)